MEMBERS

山田徳春(Tokuharu Yamada)

CEO / Producer / Photographer

山田徳春(Tokuharu Yamada)

2005年のoffice 500G.設立から2013年の500G Inc.法人化を経て現在に至るまで各プロデュースや撮影案件を多数経験。
インテリア、ファッション、食の「衣・食・住」に関連する領域を特に得意とする。
サントリー1万人の第九公式撮影チームのチームリーダーとしても12年間撮影チームを牽引。
また2020年にはゆうちょ銀行のゆうちょマチオモイカレンダー2020にはカレンダービジュアルとして自身の作品を抜擢される。
「人生を楽しもう」が信条。
休日には釣り、キャンプなどアウトドアによる熱く燃えたぎる頭と身体の栄養摂取を欠かさない。

[ portfolio site ]
▶︎ TOKUHARU YAMADA PHOTOGRAPHY

クリス(Ryo Christopher Saito)

Director / Photographer / Videographer

クリス(Ryo Christopher Saito)

1991 年イギリスロンドン生まれ。 アメリカ、シンガポール、香港、日本を転々 とし多様なカルチャーに触れながら育つ。
大学卒業後、500Gにジョイン。
Panasonic / SUNTORY / 日清 / ミスタードーナツ / リクルートやタレント撮影等様々な仕事を経験し現在東京を拠点に写真や映像を撮れるディレクターとして活躍中。

[ portfolio site ]
▶︎ R.C.S PHOTO

上田郁夫(Ikuo Ueda)

Creative Director

上田郁夫(Ikuo Ueda)

バウハウスや構成主義に影響を受けて、80年代からグラフィックデザイナーのキャリアをスタート。
制作会社、広告代理店のクリエイティブディレクターを経て2021年より500Gにジョイン。
「百聞は一見に如かず」をテーマに、ブランディングからプロダクトデザインまで、コミュニケーションの接点全体をなんとかしたいとの思いで日々働く。
趣味はさんぽ。雨もまた楽しい。

小形一平(Ippei Kogata)

Director / Photographer / Videographer

小形一平(Ippei Kogata)

学生時代に見たブレッソンの写真に衝撃を受けてフォトグラファーに。
地元九州で約8年間働いた後、たまたま見かけた500Gの求人にシンパシーを感じ単身大阪へ。
長年培ってきた撮影スキルで幅広い範囲の仕事を担当。
技術以外でも物腰の柔らかさやディレクターとしての提案能力も評価される。
広告を通じ、関わる全ての人の思いが伝わる映像を目標とし日々撮影に勤しんでいる。

古谷亜砂(Azuna Furuya)

Director / Photographer / YouTuber

古谷亜砂(Azuna Furuya)

ファッションやトレンドに敏感な働く女性をメインターゲットとする大手ショッピングモールにて公式Instagramの企画から撮影まで行う。
コスメやファッションの撮影を得意とし、女性フォトグラファーならではの視点で現場を動かす。
またYouTubeにて自身の明るいキャラクターを活かした動画、「アズチャンネル」を不定期で更新している。

[ YouTubeチャンネル ]
▶︎ アズチャンネル

余 有奈(Yuna Yoo)

Director / Photographer

余 有奈(Yuna Yoo)

ディレクション、撮影、デザイン等なんでも熟すオールラウンダー。
経験値とセンスで独自の世界観を提案し数多くのクライアントに頼られる存在。
instagramでは息子と愛猫サイダーの写真を投稿している。

[ instagram ]
▶︎ @yeoyoona

和田彩也佳(Sayaka Wada)

Manager

和田彩也佳(Sayaka Wada)

学生時代に始めた吹奏楽で全国大会に出場。
大人数で1つのものを0から作り上げる達成感や一体感に魅了され、渡米し現地のチームに所属。
大人数でしか発揮できないパワーを肌で感じ、協調性やコミュニケーションの大切さを痛感。
その経験を武器に経理、マネージャーを器用にこなし社員全体のまとめ役に。
子育てと仕事に日々邁進中。

沢本玄(Gen Sawamoto)

Studio Manager

沢本玄(Gen Sawamoto)

クリエイティブの環境提案として弊社で運営するスタジオのマネージャーを担当。
自社スタジオのブランディング、運営、企画提案など様々な仕事を積極的に熟す。
スタジオ企画運営事業を通じ制作のための環境意識を高めるために
使いやすさや快適性を提供できるよう日々考察する。
独自の感性でHIP HOPカルチャーを広げる活動をしている。